Eng@WA

Eng@WA





Eng@WA



Eng@WAについて

コンソーシアム「Eng@WA」の概要
■従業員がいきいきと働くためワーク・エンゲイジメントを高める

 産業構造の変化、働き方の変化、情報技術の進歩など従業員や企業を取り巻く労働環境は大きく変化しています。こうした変化に対応し、企業が成長していくためには従業員一人ひとりが健康で、かつ、いきいきと仕事に取り組むことが重要です。

 これまで企業のマネジメントでは、従業員の生産性に注目していましたが、健康にはあまり注目していませんでした。モチベーションやメンタルヘルス等を中心とした精神的健康、姿勢や運動等の身体的健康、他者や地域、社会との良好なつながりを含めた多様な健康に配慮し、職場全体のエンゲイジメントを積極的に底上げすることが、これからの企業経営と産業保健の双方に求められると考えてます。

 Eng@WAは、働く人々の健康を重要な経営資源ととらえ、ワーク・エンゲイジメントの研究と実践を通じ、従業員が健康でいきいきと働くことを実現するための新しい働き方の創出と発信を目的としたコンソーシアムです。本コンソーシアムでは、上記の目的を達成するため産学連携で幅広い分野における会員を募り、機会創出、情報交換、研究活動、成果発表などの場を提供してまいります。

Eng@WA概要

メンバー

島津 明人東京大学 大学院医学系研究科公共健康医学精神保健学分野准教授
松平 浩東京大学附属病院 22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント特任教授
井上 陽介東京大学 大学院医学系研究科国際保健学専攻人類生態学教室特任助教
田山 淳長崎大学 大学院教育学研究科人間発達講座准教授
荒川 豊奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科准教授
西 大輔国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健計画研究部システム開発研究室研究室長
稲水 伸行筑波大学 大学院ビジネス科学研究科准教授
西本 真証株式会社三越伊勢丹ホールディングス 経営戦略本部人事部労務担当健康管理推進室統括産業医
中田 光紀産業医科大学 産業保健学部教授
株式会社岡村製作所オフィス研究所
スマートメディカル株式会社ICTセルフケア事業部